長谷川工務店

木について

NEXT

建物で大切なものは地盤、基礎構造 (建物の骨格 木がその大部分を占めます)

 ずいぶん昔のこと。ある時 私はお客様にこう言われました。「長谷川さん、基礎と材木はしっかりと良いものを使って作って下さい。」と。そこで私は「どうしてですか?」と聞きました。
「台所の設備などは取り替えできるが、基礎と骨格は建てた後では取り替えることができないから」と言うのが理由でした。「なるほど」と思いました。
 今私が材木にこだわる理由がここにあります。それも気候風土に合った国産材や地域材の利用です。

適材適所

大工の言い伝えで「その材料の使われる場所に見合った」という意味の言葉です。

例えば

  • 土台には_____クリ、ヒバ(水や湿気に強い)
  • 柱は_______杉、桧(気候によるくるいが少ない)
  • 桁・梁は_____地松、杉、桧
  • 小屋梁・母屋は__地松、杉
イラスト

山に生えている状態

  • 峰 _______松
  • 中腹_______桧
  • 谷 _______ヒバ、杉

 これらは私が12町歩の山林の持主で木も育てていて知ったことです。大事に育てた木を心を込めて使いたい思いもこもっています。

外材利用の弊害

 昨今、日本の気候風土に本来合わない外材の利用が目立ちます。外材を使って、決して悪いと言っているのではありません。 大切なのは材料の性質を考えて使用することです。 この外材は日本の白アリや腐朽菌に対する耐性に乏しく、かびや腐れ、虫害におかされやすくなっていることが多いのです。 薬を使えば良い訳でもありません。薬を使わなくても100年以上持っている古い建物は沢山あります。 効率と安さだけに走っていては家づくりの本質を見落とすことになりかねません。日本の材料も決して高いものではありません。 むしろ木の育った環境、温潤温暖で冬の雪にも耐えてきた地元の材料は価格には見えにくい良さが隠されているのです。 新潟の厳しい気候風土で育った良材を使う家づくりが肝心です。

木の良さ

 コンクリート、鉄、プラスチックは紫外線を反射しますから長い間に違和感を感じてきます。また、断熱調湿作用に乏しく結露も呼び起こします。結露はカビを呼び、気管支ぜんそくなどの健康被害をもたらす場合があります。
 木はコンクリート、鉄、プラスチックと違って紫外線を吸収しますから見た感じ違和感を感じません。また、断熱調湿作用があります。木が生きているときは人にとってやさしい成分であるアルファピネネンの香りと殺菌作用のあるフィトンチッドを出しています。これが癒し効果となり人に優しく感じられるのです。だから居心地がいいのです。
 1300年余り息づいてきた日本の木の文化には、それだけの理由(わけ)があるのです。


自社育林(土倉)の山5町歩


自社育林(金小峰)の山5町歩


地域材を天板材に製材