民家再生奨励賞を受賞しました。

47bc4f50.JPG去る12月1日、日本民家再生リサイクル協会の全国イベント、民家フォーラム2007の席上において、新潟県中越地震によって大規模半壊という被災にもかかわらず、修復再生をさせていただいた長岡市の古民家が民家再生奨励賞を受賞しました。
雪国の骨太仕様のこの民家は築後250年(宝暦2年築)という歴史を刻んできたものですが、長年の風雪に耐え抜き代々受け継いできた家を、ここで解体してはならぬとの強い思いに支えられ、修復再生をさせていただいたものです。
設計監理は新潟市の設計事務所住まい空間研究所、施工が私共長谷川工務店ということでの受賞でしたが、雪国の気候風土のなかで長く次代に受け継がれていく修復再生工事との評価をいただき、大変うれしく思っております。
今年の中越沖地震でも多くの古い民家が解体の危機にあるといわれていますが、ご被災された方々も、「直せば建てるほどかかる」などとご悲観なさらずに、どうか受け継いでいくお気持ちを大切に、修復再生を選択肢になされてはいかがですか?。
現在私たちは、柏崎市飯塚地内ほか中越沖地震被災地の数カ所で中越の教訓を生かすべく、修復に取り組んでいるところです。ご希望の方には現場などのご案内をいたしますので、お気軽にご相談ください。
お電話(0256-52-2308、もしくは52-1775)いただくか、ホームページからもお問い合わせをどうぞ。
http://www2.ocn.ne.jp/~hasegawa/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算式を解くと投稿できます。 *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)