雨漏りで傷んだ神社の屋根を木構造から再生

4年前ご縁をいただいたつながりで、神社の屋根を修復してきました。 風の強い新潟では、瓦屋根の隙間から否応なく雨が吹き込んで、気がついたら雨漏りということもよくあること。 この屋根もなかなかの重症でしたが、骨組みから直すことができるのは、伝統木造の大きなメリットです。 隅木、母屋がこのような被害に遭っていても、きちんと直すことが出来て、氏子さんからはとても喜んでもらうことが出来ました。 大工として若い後進も育てる環境はこんな修復の現場にこそあるものだと思います。
ssP7080198
修復前屋根をめくったところ
ssP8030414
木を接いで修復したところ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算式を解くと投稿できます。 *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)