地震被害の影響を多く受けた刈羽村の広沢家

74757e38.JPG本日昼頃から柏崎・刈羽村を中心に、「新潟県中越沖地震」の被害を受けた住宅を何軒か調査して来ました。
調査した中でも土壁の落下量が多い住宅、地盤沈下により傾いた住宅、柱が基礎から外れている住宅等被害状況は様々ですが、どの住宅も決して軽いものでは有りません。
今回調査した「広沢」さんの住宅は、多量の土壁の落下に瓦屋根の落下、一部分では筋交いが折れているところも有りました。床下部分はよく調査していないので詳細は分かりませんが、外観から観たところ基礎のずれは無いと思いました。また、この住宅の車庫も梁や建具が曲がり、屋根も落ちていました。
こうした調査を重ねる度に地震の被害による深刻さが伝わり、我々はより安全な住宅を建てなくてはならないと改めて感じる次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算式を解くと投稿できます。 *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)