新潟県中越沖地震を耐え抜いた民家(2)

9d46cf7c.JPG
震度6強の地震に見舞われ、周囲は甚大な被害が出た柏崎市(旧西山町)の古民家。
足下が液状化しても、足固めで一体化された構造の100年を経た古民家は、このとおり、壁に寸分のきずもない。まさに先達の手業のなせる技だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

計算式を解くと投稿できます。 *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)